トップへ » 当院の5つのポリシー » 定期検診・歯周病予防

歯周病は世界でもっとも蔓延している感染症

「歯周病は世界でもっとも蔓延している感染症である。」
とギネスブックが認定しているという事実をご存知でしたか!?

実際、日本人の20歳代70%、30~50歳代80%、60歳代90%が歯周病です。
(厚生労働省「平成26年患者調査概況」)

初期症状がない歯周病の厄介なところは、
初期の自覚症状がほとんどないこと。

そのため、歯周病にかかっていても気付かない方が多く、気付いたときにはすでに症状が進行しているケースが多々あります。

歯周病
「サイレント ディジーズ(静かに進行する病気)」です。

平均的な日本人は60歳以降、歯周病で急激に歯を失っていきます

歯周病ポケット

歯周病と全身疾患は切っても切れない関係があることが
証明されています

全身疾患

歯周病からあなたの歯を守り、
生活習慣病から命を守る方法があります。

歯周病ポケットポケット4mmの法則

歯周ポケット4mm未満の人は糖尿病、高血圧、高脂血症でない健康な人が多い。
(「口腔衛生学会誌」)

歯周ポケットが2mm未満であれば健康な歯肉、3mm以上は歯周病の歯肉です。

下へ

汐入駅前歯科では...

ポケットを4mm以下にし、歯周病からあなたを守る
歯科衛生士による 歯周病メインテナンスルーム
診療室とは別に完備しています。

歯周病から皆さまの大事な歯を守る唯一の方法が、
3ヶ月に一度の歯周病ケアであることが多くの論文で証明されています。

フィンランド:25本 VS 日本:8本

80歳時残存歯数平均フィンランドでは、国家プロジェクトとして3ヶ月に一度の歯周病ケアを徹底した結果、今では80歳になっても25本の歯が機能し、フィンランドのお年寄りは豊かな食生活と元気で楽しい毎日を享受しています。

フィンランドの80歳以上のお年寄りはみんな元気です。
私たち日本人も定期的な歯周病ケアで可能になります!

定期的な歯周病ケアが
歯を残す最適な方法であることが証明されています

年代ごとの残存歯数

下へ

3ヵ月に1度の歯周病ケアを続けることで、たくさんのいいことがあります!
・ご自身の歯を残すことができる
・食事や会話をいつまでも楽しめる
・健康なシニアライフを楽しめる
・いつまでも若々しく見える
・生活習慣病のリスクが減る
・生涯医療費も抑制できる

定期的なメンテナンスで、歯周病を予防しましょう。

便利なWeb予約をご利用ください!
24時間オンライン予約


トップへ » 当院の5つのポリシー » 定期検診・歯周病予防


コールバック予約