トップへ » 当院の5つのポリシー » マイクロスコープ

【マイクロスコープ】ミクロン単位の歯科治療が可能

患者さまにより質の高い医療技術を提供したいというこだわりから、数年前にマイクロスコープを導入し、現在、多くの治療シーンで活用しています。

マイクロスコープ

マイクロスコープと聞いても、多くの人はピンとこないかもしれません。それもそのはず、2009年時点で、歯科医院の2~3%ぐらいしか普及していないといわれている医療機器だからです。

マイクロスコープとは、簡単にいうと医療に使う顕微鏡のこと。解像度の高いCCDカメラで映した画像をパソコンやテレビに映し出して診ることができます。

テレビによく出演されている「神の手を持つ脳外科医」と称される、福島考徳先生(現:現在カロライナ脳神経研究所、デューク大学・ウエスト・ヴァージニア大学教授)が手術を行う際に覗き込んでいるものがマイクロスコープです。

このページでは、当院のマイクロスコープについてご紹介します。

マイクロスコープが可能にする治療とは?

マイクロスコープ●肉眼では見えない部分まで確認できる
●精密で予後の高い治療が可能
●治療の幅が広がり歯が保存できる可能性が高まる

マイクロスコープを使うと肉眼の2倍から24倍に拡大して診ることができるため、より正確でより精密に、より安全に治療が行えます。

これまで肉眼でも拡大鏡でもまったく見ることができなかった根管の内部から歯周組織、歯の切削面などさまざまなお口の中の状態が、まさに手にとるように確認できるのです。

例えば、歯の根っこを治療する場合、マイクロスコープを使えば肉眼では見ることができない部分まで確認でき、より繊細な処置と治療が可能になります。また、歯を削る場合でもマイクロスコープを使いながら詰め物をすると、使用しない場合に比べて詰め物がとれたり、虫歯になったりする確率が低くなるのです。

さらにビデオモニターにて観察、記録ができますので患者さまにより納得して治療を受けて頂くことも可能になります。これにより、これまで抜くしかない状態の悪い歯であっても歯を残せる可能性が増え、より精度の高い診断や治療を患者さまにご提供することが可能となるのです。

根っこの治療

歯と歯の間の虫歯治療

見た目は小さくても中は深い虫歯

マイクロスコープ(治療用顕微鏡)の精度

日本のマイクロスコープ事情

マイクロスコープ●使いこなすには、技術の熟練が必要
●横須賀では3台しかない、最先端医療器機
●当院はマイクロスコープを使いこなす数少ない歯科医院

どんなに高い治療技術があったとしても、人間の目には限界があります。高い治療技術を活かすには、その技術を実行できるだけの環境が必要になります。アメリカの歯科事情では1998年に根管治療の専門医はマイクロスコープを使うことが義務付けられました。

一方、日本ではどうでしょうか?実のところ、マイクロスコープを使っている歯科医院はそう多くはありません。これはマイクロスコープの機能上、導入さえすればすぐ上手に使いこなすことができるというものではなく、使いこなすまでに時間がかかるため。さらに価格的にも決して安いものではありません。これらがネックとなり、多くの歯科医院での導入が遅れているのです。

この横須賀でも、まだ3医院でしか導入されていない、最先端の医療機器です。こうした医院の中でも当院はマイクロスコープを使いこなしている、数少ない歯科医院といえます。

便利なWeb予約をご利用ください!
24時間オンライン予約

関連ページリンク

■当院の5つのポリシー
一般歯科(虫歯治療)歯周病治療ヘルスプロモーション(予防歯科)
審美歯科治療ホワイトニングインプラント治療矯正歯科治療マイクロスコープ
症例患者さまの声動画紹介料金表医療費控除

■総院長紹介・経歴
ドクター紹介スタッフ紹介院内ツアー「PERFECT SMILE」冊子sample
求人案内アクセス・診療時間プライバシーポリシー

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院の5つのポリシー » マイクロスコープ


コールバック予約