トップへ » 当院の5つのポリシー » 歯周病治療 » 知っていますか?「歯周病」は全身疾患にもつながります

知っていますか?「歯周病」は全身疾患にもつながります

全身疾患にもつながる歯周病●歯周病は糖尿病や脳卒中の原因にも
●お口の健康は、全身の健康

最近、歯周病と全身疾患との関係が注目されています。歯周病菌が血液などを介して全身に行き渡ると、糖尿病や脳卒中など、さまざまな病気を誘発する可能性が高いのです。お口の健康は、丈夫で健康なからだをつくります。大切な歯を守るためにも、ぜひ定期的な検診を受けましょう。

当歯科医院では、患者さまのお口に合わせたブラッシングの指導なども行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病がもたらすさまざまな病気
・肥満
肥満気味の人は、脂肪細胞によって全身の炎症が起きやすいため、歯周病の炎症を悪化させる原因となります。逆に、歯周病が起こす炎症が、肥満につながるともいわれています。

・糖尿病
慢性的に血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ちる病気である糖尿病。歯周病にかかると、糖尿病が悪化し、さまざまな合併症を引き起こすこともあります。

・脳卒中
歯周病菌がつくったアテローム性プラークが血液を流れることにより、血管に血栓が生じ、脳卒中などの原因となります。

・早産/低体重児出産
妊婦さんの血液中で、歯周病菌の毒素や炎症物質の濃度が高まると、子宮筋が収縮してしまい、早産を招く一因となります。

・誤嚥(ごえん)性肺炎
口内細菌が唾液に混じり、気道から肺に入ることで起こる肺炎です。誤嚥性肺炎は、高齢者の死亡原因として多い病気です。


トップへ » 当院の5つのポリシー » 歯周病治療 » 知っていますか?「歯周病」は全身疾患にもつながります


コールバック予約