トップへ » 当院の5つのポリシー » 矯正歯科治療 » 【矯正治療の流れ】

【矯正治療の流れ】

矯正治療の流れ矯正治療を始める時期
●理想的な治療開始時期はできるだけ早い時期
●成人でも矯正治療が可能
●治療を受けるタイミングは、キレイにしたいと思ったとき

矯正歯科を始めるタイミングは、患者さまの歯や不正の状態によって異なります。もちろん、できるだけ早い時期(成長期など)に始めた方が、より望ましい治療効果が得られますが、成人になってからでも遅くはありません。

最近では、歯の美しさを気にする方が増え、成人になってから始める矯正治療が増えてきています。決して手遅れではありません。いくつになっても素敵な笑顔を取り戻すことができますので、歯並びが気になる方は、一度、ご相談ください。

会社や学校など、患者さまのご都合などを考慮しながら、最善の時期、方法をご提案いたします。

矯正治療の流れ
STEP1.初診・相談
入念に診察し、治療開始時期や期間、矯正歯科の方法を説明、相談いたします。
下へ

STEP2.検査
<検査1>レントゲン撮影、歯型と、写真撮影
<検査2>咬合診査、顎関節診査、口腔周辺軟組織診査、カリエスリスク調査などを行います。
下へ

STEP3.診断
検査結果をもとにした治療方針を説明し、今後の治療方法をご相談します。
下へ

STEP4.治療開始
装置の装着:症状によって異なりますが、ある程度、長時間かかります。装置調整:通常であれば4~8週間に1度通院して頂き、ワイヤーなどの調整を行います。
下へ

STEP5.動的治療
低年齢の矯正歯科の場合、第一段階として1~2年治療し、その後、一旦装置をはずした後、数年後に最終治療を行う場合もあります。

便利なWeb予約をご利用ください!
24時間オンライン予約


トップへ » 当院の5つのポリシー » 矯正歯科治療 » 【矯正治療の流れ】


コールバック予約