トップへ » 当院の5つのポリシー » 矯正歯科治療 » 【当院の矯正治療の特徴】床(しょう)矯正とは?

【当院の矯正治療の特徴】床(しょう)矯正とは?

床(しょう)矯正●顎の骨を広げ歯列を改善
●顎の骨の軟らかさが重要

床矯正とは、主にヨーロッパで行われている治療法で、顎を拡げて歯列を整える矯正方法です。床矯正装置と呼ばれる取外しができる装置を口に入れ、顎の骨を少しずつ広げて、拡大していきます。顎を広げるため、治療を高めるには、顎の骨の軟らかさが重要になってきます。お子さまにはとても効果的で、顎の骨の成長を利用して治療を行います。

【床矯正】取り外しのできる矯正装置
●就寝中に装着する取外し可能な矯正装置
●スクリューの移動で顎の骨を拡大

床矯正(しょうきょうせい)は、歯を正しい位置に動かすとともに、歯の土台となる顎の骨を正しい大きさに拡大します。装置にはスクリューを装着していて、ネジを締めてスクリューを移動させ、歯の土台を広げたり歯を動かしたりします。

矯正装置は夜寝ているときだけ装着する取り外し式の矯正装置を使用します。ワイヤーで装置を固定しませんので、食事中や学校・仕事の時など、人前に出るときは取り外すことが可能です。

【床矯正の特徴】

人に知られず矯正治療ができる
●装置が表に見えず、お子さまの自然な笑顔をつくる
●人と接する職業の方にも最適

最大のメリットは、取り外しができるので、人に知られず矯正治療ができる点です。たとえばお子さまなら、写真撮影や大切なイベントの日など、治療中であっても自然な笑顔を演出できます。矯正装置を付けていることによる、いじめの心配もありません。また大人の方なら、営業職・接客業など、人と接する仕事に就いている方でも、安心して治療にトライできます。

抜歯の必要がない
●顎の骨の拡大により、抜歯が不要

「矯正って歯を抜くんでしょ?」と思っている方はいませんか。確かに、ワイヤーを使った矯正治療では、歯を並べるスペースをつくるために抜歯をすることがあります。当院で使用する矯正装置は、歯の土台となる顎の骨を拡大するので、大切な歯を抜かずに歯をキレイに並べることができます。

床(しょう)矯正虫歯・歯周病予防につながる
●取外し可能の装置で、歯ブラシが簡単
●矯正治療中の虫歯・歯周病を防ぐ

ワイヤーを使った装置は固定式のため取り外しができません。そのため、ブラッシングがうまくできず、虫歯や歯肉病になる方もいらっしゃいます。床矯正は装置を取り外せるので、普段と同じようにブラッシングができます。これで矯正治療中の虫歯や歯周病の心配がありません。

矯正治療後の「後戻り」が少ない
●顎の骨を拡大するので後戻りが少ない
●ゆっくりと歯を動かすため時間がかかる

装置を使って顎骨の成長を正しい大きさへと促すので、治療後、歯の位置が元に戻る「後戻り」の心配がほとんどありません。ただし、ゆっくりと歯を移動してゆくので、ワイヤーを使った矯正に比べて時間がかかります。


トップへ » 当院の5つのポリシー » 矯正歯科治療 » 【当院の矯正治療の特徴】床(しょう)矯正とは?


コールバック予約