トップへ » 総院長紹介・経歴 » 医療との出会いが歯科医になるきっかけに

医療との出会いが歯科医になるきっかけに

医療との出会いが歯科医になるきっかけにわたしは中学3年生のときに、父を病気で亡くしています。これがきっかけで医療に興味を持ち始めるようになり、歯学部を目指しました。

少し大げさかも知れませんが、私が今こうやって働いているのは、恩返しだと考えています。というのも、母は中学校の教師をして兄弟二人を育ててくれましたので、私は経済的な負担が少なくなるように、学費が比較的安い国立の新潟大学歯学部に入学したんですね。

国立大学の授業料の多くは税金でまかなわれているわけですから、当時を支えてくれた世間様に対して恩返しをするのは当然だと思っています。そのためにも、できるだけ多くの方々に、良い治療を行うことが私のポリシーですね。

とはいえ、人を喜ばせるのが好きな性分なので、損をすることも多いんです(笑)。目の前に患者さまがいれば、損得抜きで治療してしまうんですよ。だから経営者には向かないドクターなんでしょうね(笑)。

そんなわたしが理想とする医師は、映画「パッチ・アダムス」の医師。彼のように素晴らしい治療ができるドクターになれたら嬉しいですよね。

理想のドクターになるには、一生勉強が必要なので、勉強会やセミナーで最新技術を学び、素晴らしい先生方と出会いながら、自分自身も高めています。


トップへ » 総院長紹介・経歴 » 医療との出会いが歯科医になるきっかけに


コールバック予約