«  2018年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年12月22日

1222_001.png

こんにちは。

汐入駅前歯科常勤歯科医師の熊谷です。

今年も残りわずか。新年にはお餅を皆さん食べますでしょうか。老若男女問わず、誤嚥してしまう可能性があるので気を付けて食べたいものです。

誤嚥と言えば今回のテーマは「誤嚥性肺炎」です。 皆さんは、誤嚥性肺炎をご存知でしょうか。

唾液には歯垢、歯周ポケット、舌や喉など、口の中にはたくさんの細菌が存在しています。私たちは、日中や就寝時に唾液を嚥下しています。

嚥下された唾液は細菌とともに食道から胃に運ばれ、酸性の胃液によって殺されてしまいます。そのため、嚥下反射が正常ならば、唾液は気管に入ることはありません。

しかし、高齢者や寝たきりの方の場合、この嚥下反射が低下しがちです。また、気道粘膜には唾液が流れ込まないようにたくさんの線毛が生えており、活発に運動して細菌を排出しようと働いていますが、高齢者ではこの働きの低下が多いです。

それにより、知らぬ間に唾液が気道に流れ込むようになります。

咳反射が正常ならば咳で追い出すことができますが、高齢者は咳反射も低下してきますので、唾液と一緒に細菌が気管支や肺に入り込む(誤嚥)と、細菌が炎症を起こすことで、肺炎になってしまいます。これを誤嚥性肺炎といいます。

現在の日本人死亡原因の1位がん、2位心疾患、3位に高齢者などの肺炎です。

しかし、要介護高齢者の方に限ってみるとなんと、死亡原因の1位は肺炎であり、年齢が上がるにつれて誤嚥性肺炎がほとんどを占めるようになります。

1222_002.png 1222_003.png

免疫機能低下していなければ、肺に存在しているマクロファージが細菌を捕食してくれますが、高齢者になると免疫機能も低下してきます。

肺に流れ込んだ細菌が多いと重篤な肺炎が起き、命を奪われる原因になってしまいます。

また、大きな手術で人工呼吸器をつける際の肺炎の合併症も問題になっています。

例えば、全身麻酔をする時、患者さんが窒息しないようにチューブを口や鼻に装着して気道を確保しますが、その際に口と気管、肺がチューブで一直線につながります。

そのため口の中の細菌がチューブの外側をつたって気管支や肺に入りやすくなるのです。

手術などの際に起きるこうした肺炎を人工呼吸器関連性肺炎(VAP)と呼ばれています。
誤嚥性肺炎、人工呼吸器関連性肺炎も関与しているのは細菌です。細菌を完全になくすことは不可能ですが、減らすことはできます。

そして細菌が減少することで誤嚥性肺炎の予防することができます。
高齢者や手術を受ける患者さんなど、体力低下が問題となりやすい方にとって、口腔ケアは命に関わる切実な処置です。

虫歯があればしっかり治療し、歯周病を防ぐために定期的に歯石を除去することが大切です

歯科でクリーニングするよりも日常生活で自分でブラッシングする時間の方が多いため、正しい磨き方を習得し、義歯を使用している方は、義歯に付着した汚れを除去、うがいをしっかりしましょう。

ご自身での口腔ケアが難しい方の場合は、ご家族や施設の方に、代わりにしていただくことになります。ぜひ毎日のケアをよろしくお願い致します。

私たちも皆様の口腔ケアのお手伝いをさせていただきたいと思います。一緒に頑張りましょう。

1222_004.png

2018年12月10日

20181210_001.jpg

こんにちは!

汐入駅前歯科、歯科衛生士の西舘です!

寒さが身にしみる季節になりました。いかがお過ごしですか?



20181210_002.jpg

今回のテーマは「歯肉炎」についてです。
歯肉炎」と聞くと皆さまはどういったイメージがあるでしょうか。
出血がある、歯茎が腫れている、等思い浮かぶでしょうか。
そんな歯肉炎についての治療法、予防策についてお話し
させていただきます。

まず最初に歯肉炎とは、、、「歯周病」と総称されている病気の事を、病状の進行具合の程度によって「歯肉炎」「歯周炎」に分けられています。

 

歯肉炎」は、歯周病の初期症状になります。
歯は歯槽骨と呼ばれる骨で支えられています。

歯肉炎」は歯茎の腫れだけで済みます。歯槽骨は破壊されず周りの組織も失われていません。

歯周炎」は歯を支える歯周組織が壊れ始めている状態をいいます。
こちらは進行を抑える事は出来ますが、失われた歯周組織が元に戻る事はありません。

何が原因で引き起こされると思いますか?
それは・・・プラーク歯垢なのです!!

プラークや歯垢に潜む歯周病菌の毒素が原因で歯茎に炎症が起きてますが炎症は深部には及んではいません。
しっかりと普段の歯磨き、歯科医院でのクリーニング(歯石取り等)でプラーク・歯垢を取る事で炎症がスッキリと治まり歯茎の付着も元通りに戻ります。
歯茎が腫れている間、少し深くなっている歯と歯茎の境目も元通りになり、お掃除も楽になります。 

こういった症状は無いですか?
 ・歯茎が赤く腫れている。
 ・歯ブラシの時出血する。
こういった症状がある場合は「歯肉炎」の可能性があります!

それではどうやって歯肉炎の治療をするでしょうか。
それは歯ブラシの当て方です!

歯の面を磨くのももちろん大事ですが、歯と歯茎の境目をしっかりと磨く事で歯茎の炎症を抑える事が出来ます!
ハミガキ時、最初は歯茎から出血があるかもしれないですが、そういった悪い血を出す事で炎症を抑えます。

たとえば、しっかりとプラーク・歯垢を取り除くために、毛先の開いていない歯ブラシを使うことが大切です。歯ブラシの交換は、一か月に一回!!毛先が開いていなくても交換しましょう!

力の入れ方も、強くなりすぎないよう、適度な力で小刻みにブラッシングすることが大切です。持ち方もグー握りしてしまうと力が入ってしまうので、えんぴつ持つのと一緒の握り方がベストです!!

糸ようじ・デンタルフロス・歯間ブラシの使用も効果的です。歯ブラシだけだと60%しか実は落ちていません!!!なので歯ブラシ以外の清掃用具も使いましょう。

予防策としては普段の歯ブラシの見直しをするのもその一つです。
後は、定期的に歯科を受診し細かい所のお掃除をすると良いでしょう!!

歯肉炎になる前に普段の生活のなかで正しい歯磨き習慣を心がけることが大切です。  ぜひ定期検診へいらして下さい!

20181210_003.jpg

« 2018年11月 | メイン | 2019年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
汐入駅前歯科 院長 山口和巳 医療法人社団SED
汐入駅前歯科

http://www.yokosuka-implant.com/

当院は神奈川県横須賀市汐入駅から1分と、交通の便のいい場所にあり、地域の皆様の歯の健康を守るお手伝いをしています。「上質な治療」をコンセプトに掲げ、クオリティの高い治療を実現するために、研鑽を積んできました。
当院ではあらゆる患者さまに対応できる優秀な医療スタッフを揃え、患者さまに視点を合わせながら、その方にとって、何が必要なのかを考えた、ベストな治療を行っています。
皆様の大切な歯をお守りするために、努力は惜しみませんので、お気軽にご相談ください。