«  2020年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

« 歯周病と咬合性外傷の関係性 | メイン | 「五代栄養素」について »

2020年2月 7日

スタッフ写真

こんにちは!
汐入駅前歯科、歯科衛生士の神田です。

今年もよろしくお願い致します!(#^.^#)



スタッフ写真

今回は、こどもの口腔ケアについてです。
まずは、子どもの歯「乳歯」についてお話します。
乳歯は大人の歯「永久歯」に比べるとむし歯になりやすいです。

特に生えたての乳歯のエナメル質の厚さは永久歯の半分の薄さのため、とてももろく1本むし歯になると他の歯もむし歯になってしまいます。

また、赤ちゃんは痛みを感じにくいので気づかないうちにむし歯になってしまうこともあります。
乳歯のむし歯が進行すると、しっかり噛めず、あごの発育や発音、永久歯にも影響がでてきます。
そうならない為にも虫歯予防がとても大切です。

こどもの口の中はキレイなので、もともとむし歯菌はまったくいません。
しかし、むし歯菌は生後、唾液を介して周囲の大人からこどもの口に感染します。

お母さんやお父さん、家族の口の中にむし歯菌がたくさんいると、離乳食をあげるときやご飯を食べる時の使うお箸やスプーンなど同じものを使用した時に、こどもの口の中にむし歯菌が侵入してしまいます。

そのため、食事の時はこどもと同じ食器を使わないなどの心がけも大切です。

むし歯の予防は、むし歯菌の感染予防も凄く大切ですがお口の中を普段からキレイに保つ事も大切です。

お口の中を綺麗に保つ方法として、普段の口腔ケアが重要になってきます。
こどもの口腔ケアは年齢にあわせて行います。

☆0~1歳
・歯が生えてくるまでは、指に巻いたガーゼなどでお口をキレイにする。
・歯ブラシを持たせて、歯ブラシに慣れさせる。
・歯ブラシは、毛の部分が乳歯2本分くらいの小さい歯ブラシを使う。

☆2歳(乳歯の奥歯が生えてくる)
・第1乳臼歯が生えてきたら、丁寧に磨く。
・歯みがきの習慣をつける。

☆3歳(乳歯が20本全て生えそろう)
・仕上げ磨きをする。
・ブクブクうがいの練習をする。

☆4~5歳(あごが成長して歯と歯の間に隙間ができる)

・自分で上手に磨けるように練習をする。
・歯と歯の間は糸ようじまたは、デンタルフロスを使う。

☆6歳(6歳臼歯と下の前歯が永久歯に生えかわる)
・奥歯は歯ブラシが届きにくいので、奥まで磨く練習をする。
・食後の歯みがきの習慣をつける。


スタッフ写真


仕上げ磨きは、9歳頃まで行ってあげるといいです。
こどもの頭を膝の上に乗せて安定した状態します。歯ブラシは、ペンを持つように軽く握ります。

このようにこどもは、長い時間をかけてあごが成長し、歯が乳歯から永久歯に生えかわっていくので成長に合わせて口腔ケアを行うのが大切です。


スタッフ写真

当医院でも、こどもの口腔ケア指導や
ケア用品を扱っています。

何でもお気軽にご相談ください!!
ご来院、お待ちしております。


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
汐入駅前歯科 院長 山口和巳 医療法人社団SED
汐入駅前歯科

http://www.yokosuka-implant.com/

当院は神奈川県横須賀市汐入駅から1分と、交通の便のいい場所にあり、地域の皆様の歯の健康を守るお手伝いをしています。「上質な治療」をコンセプトに掲げ、クオリティの高い治療を実現するために、研鑽を積んできました。
当院ではあらゆる患者さまに対応できる優秀な医療スタッフを揃え、患者さまに視点を合わせながら、その方にとって、何が必要なのかを考えた、ベストな治療を行っています。
皆様の大切な歯をお守りするために、努力は惜しみませんので、お気軽にご相談ください。