«  2020年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年5月24日

2200604.jpg

医療法人社団SED 汐入駅前歯科、歯科医師の中山です。
まだまだ社会的に落ち着かない日々が続いていますね。

はやく時間帯を気にせず外出できる環境になることを願います。

今回は、3つの金属の被せ物を白くすることを希望された患者様の1症例を載せたいと思います。
初診時の口腔内写真とレントゲン写真です。

200604001.jpg





200604002.jpg




歯の痛みや歯肉の腫れはありませんでしたが、真ん中の歯はもともとの状態が悪く、虫歯による治療を何回も重ねたため股のところから根が2つに分かれており、かぶせものでつながっていました。
こうした歯は、根が割れていたり、かぶせものを外して虫歯を取っても、残った歯質が少なすぎて抜歯になるケースも少なくありません。


200604003.jpg

また、金属と歯質の間にも段差がみられます。(矢印部分)
こういうところは汚れがたまりやすく、虫歯になっていることが多いです。
患者様にはそれらのことを事前に説明した上で、外すことを希望されたため、治療していくことにしました。

治療途中のレントゲン写真です。


200604004.jpg


根管(神経の管)がかなり狭くなっており、先の方は閉じてしまっていました。

根管治療後、土台と仮歯を入れて様子を見ていた時の経過のレントゲンです。
(仮歯はレントゲンでは鮮明にうつりません)

200604005.jpg


残った歯質も少なく、咬む力も強い患者様だったので、いきなり最終的なかぶせものを入れるのは心配でした。せっかく良いかぶせものを入れても、すぐに痛んだり腫れたりする可能性も考えられます。そのため、しばらく仮歯を使っていただき問題ないか数か月間経過を診ていきました。

最終的なかぶせものを入れた状態のレントゲン写真です。

200604006.jpg

術前、術後の比較写真になります。
200604007.png

今回、なんとかどの歯も残すことが出来ましたが、引き続き経過を追っていきたいと思います。
このケースのようにかぶせものを変えるためには、虫歯を取り除いたり、根管治療が必要になることが多いです。根の状態によっては、あまりオススメしないこともありますが、かぶせものについて気になることがあれば、いつでも相談していただければと思います。


最後に、前回のブログで載せた根管治療症例の、半年予後のレントゲン写真を載せたいと思います。

200604008.jpg

左が根管治療をした直後のレントゲンで、右がかぶせものをして半年後のレントゲンです。根の先の黒い部分がだいぶ小さくなってきているのが分かると思います。今のところ経過は良好で一安心です。こちらも引き続き予後を追っていきたいと思います。

2020年5月12日

20051201.jpg

こんにちは!医療法人社団SED 汐入駅前歯科、歯科衛生士の西舘です。
新型肺炎ウイルスが世の中に大きな影響を与えていますが、皆さま体調はいかがでしょうか?

私は手洗いうがいマスク、そして免疫力を高める十分な睡眠で日々予防に努めています!

また、口腔内のプラークが多い、つまり口腔内細菌が多い人はそうでない人に比べてインフルエンザにかかりやすいというデータがありますが、どうやら新型肺炎ウイルスも
同様の可能性があるという報告がイギリスの研究機関で発表されました。

ご家庭での歯磨きをいつも以上に時間を伸ばして行うことも大切です。

コロナが収束する日、輝く明るい日が必ずやってきます。
それまで力を合わせて頑張りましょう!



20051202.jpg今回は「歯周病と喫煙の関係性」についてお話していきますね!

歯周病とは・・・歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気になります。
その原因となっているのが、歯垢・プラークになります。

これらは細菌の塊なので、歯茎の下にあることで炎症を起こし骨(歯槽骨)を溶かします。
一度溶けてしまった骨(歯槽骨)は元に戻らないので、問題なくても定期検診で状態を診ていった方が良いと思います。

20051203.jpg

Q.歯周病と喫煙どう関係しているの?
A.タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われています。

喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、歯周病にかかりやすく、ひどくなりやすいので、更に治療しても治りにくいと言われといます。

ある統計データによると、歯周病にかかるリスクが1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。

Q.喫煙しているとお口の中はどう変化あるの?
A. タバコを吸っていると歯茎の腫れや出血が見た目が分かりにくく、気付かないうちに進行しているケースが多いです。

実際に歯周病治療を始めても歯肉の治りは悪く、歯周病治療を終えても喫煙者の歯肉は再び悪くなっていく傾向にあります。
何もしていないよりかは良くなりますが、どうして歯茎の治りは再び悪くなってしまうのでしょうか?

「一酸化炭素」は体組織への酸素供給を妨げたり「ニコチン」は一種の神経毒で血管を縮ませるので、歯茎が黒っぽくなり引き締まってしまうのと、体が酸欠・栄養不足状態になります。

また、「ヤニ」という形で歯の表面に残っているので、歯の表面がざらざらしそこに新しい歯垢、プラークがくっついてしまうのももちろん、いつまでもお口の中や歯茎にニコチンが染み出しつづけることになるのです。

20051204.jpg
Q.禁煙した方が良いですか?
A.禁煙することで歯周病のリスクが減っていくのでぜひ禁煙しましょう!!


20051205.jpg

今回は「歯周病と喫煙の関係性」についてお話しましたがいかがだったでしょうか。
禁煙も大事ですが、定期検診も大事ですのでご来院お待ちしております!!☆


« 2020年4月 | メイン | 2020年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
汐入駅前歯科 院長 山口和巳 医療法人社団SED
汐入駅前歯科

http://www.yokosuka-implant.com/

当院は神奈川県横須賀市汐入駅から1分と、交通の便のいい場所にあり、地域の皆様の歯の健康を守るお手伝いをしています。「上質な治療」をコンセプトに掲げ、クオリティの高い治療を実現するために、研鑽を積んできました。
当院ではあらゆる患者さまに対応できる優秀な医療スタッフを揃え、患者さまに視点を合わせながら、その方にとって、何が必要なのかを考えた、ベストな治療を行っています。
皆様の大切な歯をお守りするために、努力は惜しみませんので、お気軽にご相談ください。