«  2020年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 意外と知られていないフッ素の正体について | メイン | 歯科衛生士によるクリーニングの流れ »

2020年6月17日

20200617_1.jpg

こんにちは!医療法人社団SED 汐入駅前歯科、歯科衛生士の神田です。 だんだんと気温が高くなり暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

水分補給などの熱中症対策をしてしっかり体調管理をしていきましょう!!

今回は型取りについてお話していきます。

まず、歯の型を採ることを「印象(いんしょう)を採る」と言い、型を採る材料を「印象材」と言います。
型を採る材料は大きく分けると2つあります。
20200617_2.jpg
アルジネート」というピンクや緑のものと、シリコンゴムを使った弾力のあるものがあります。
この2つのうち、よく使用されるのがアルジネートです。
一度は歯科医院で、ピンクや緑色の粘土のような材料をお口に入れられた経験があるのではないでしょうか。
あれが「アルジネート」と呼ばれるものです。
20200617_3.jpg
アルジネートの主な成分は、
アルギン酸ナトリウム」です。
あまり聞きなれないと思いますが、これは海藻からとれる成分であり、「かまぼこ」の原料としても使用されている成分です。
アルジネートが固まる前はドロッとした感じですが固まると、プルプルとした感じになります。
固まった感じがどことなくかまぼこに似ていると思います。

さらにアルジネートは使用方法が簡単なため歯科治療では多く使用されます。ですが、細部の精密な型取りには不向きです。そこで一緒に使用するのが寒天です。

型を採る時にちょっと熱を感じる人もいるかも知れません。なぜならば寒天を溶かして使用しているからです。
溶かすことで、歯の隙間に寒天が入りやすくなるためアルジネートだけの型取りより精密に型取りができます。
型を採る時に息がしにくいなどの不快感があるかもしれませんが、「これはかまぼこと同じ材料か~!」と思って下さい!少し楽になるかもしれませんね。
20200617_4.jpg
さらにセラミックの詰め物・かぶせもの、インプラントの治療などの自費診療はより精密な型取りが必要となるために、シリコンゴムの印象材を使用します。
シリコン印象材は、精密な型取りが可能なだけに材料費も大変高額です。
インプランの上につけるセラミックのかたどりの時には、さらに患者様のお口に合わせたトレーとシリコン印象材の組み合わせによる型取りが不可欠です。
20200617_5.jpg
20200617_6.jpg
印象材を使用して採った印象に、石膏を流して模型を作ります。
その模型を使って技工師さんが患者様に合わせた詰め物や被せ物を作ります。


型取りで重要になってくるのが、患者様のお口の状態です。
歯磨きの仕方が不十分でお口の中に汚れが残っていると歯肉がブヨブヨになってしまい、出血してしまいます。
血液にふれてしまうと、印象材の表面が荒れてしまい、きれいな型が採れません。

精度の高い治療をするためにも日頃の口腔ケアや、クリーニングに通っていただくことが大切になります。
20200617_7.jpg
20200617_8.jpg
当医院でも、歯科衛生士による
クリーニングを行っております。
治療だけでなく、クリーニングでのご来院を心よりお待ちしております。




汐入駅前歯科 院長 山口和巳 医療法人社団SED
汐入駅前歯科

http://www.yokosuka-implant.com/

当院は神奈川県横須賀市汐入駅から1分と、交通の便のいい場所にあり、地域の皆様の歯の健康を守るお手伝いをしています。「上質な治療」をコンセプトに掲げ、クオリティの高い治療を実現するために、研鑽を積んできました。
当院ではあらゆる患者さまに対応できる優秀な医療スタッフを揃え、患者さまに視点を合わせながら、その方にとって、何が必要なのかを考えた、ベストな治療を行っています。
皆様の大切な歯をお守りするために、努力は惜しみませんので、お気軽にご相談ください。