一般歯科 GENERAL

Experts in each specialized field cooperate and collaborate.
We will provide you with the best treatment.

虫歯の治療 TREATMENT

当院では、優れた技術力で患者様お一人おひとりに合わせた治療を行っています。虫歯治療の際に用いる歯科用レーザーは、照射範囲が最小限に留まるため、できる限り歯を削らない、痛みの少ない治療を実現しております。

そのほか、大きな虫歯を治療する際にはマイクロスコープを使用することもあります。見えにくい箇所を拡大し、確実な処置につなげることで、抜歯のリスクを低減させました。痛みへの配慮もしっかり行い、設備を駆使することで患者様の大切な歯をお守りしています。

虫歯とは

虫歯とは、ミュータンス菌(虫歯菌)が生産する酸によって少しづつ歯が溶かされていく病気です。始めは少し表面が溶けている程度ですが、そのまま放置していると穴が開いてしまいます。
ミュータンス菌は、「糖」をエサとして酸を生産するため、「歯質(歯)」「糖」「ミュータンス菌(虫歯菌)」の3つが揃うことで虫歯になってしまうのです。

虫歯の重症度 STAGES OF A CAVITY

  1. 脱灰

    虫歯の超初期段階です。虫歯菌の出す「酸」によって歯の表面が溶け始め、歯の表面がザラザラしていたり、白く濁っていたりする状態です。この段階では、丁寧なブラッシングやメンテナンスによって、健康な歯質に改善する確率がかなり高いです。
    しかし、そのままの状態で放置していると、歯質がどんどん溶かされていき、変色したり、穴が開き始めたりして「虫歯」となっていきます。

  2. エナメル質う蝕

    脱灰がさらに進行し、歯の一番外側に存在する「エナメル質」が茶色く変色したり、穴が開いたり、いわゆる「虫歯」の状態です。「エナメル質う蝕」の段階は、脱灰の時のような回復は難しく、その部分だけを削って詰める処置をします。

  3. 象牙質う蝕

    歯の表面にあるエナメル質よりもさらに奥の「象牙質」まで虫歯が進行している状態です。神経の近くまで虫歯が進行しており、痛みを感じることもあります。そのため、歯を削る際には麻酔をして治療を行います。虫歯が大きい場合は削って詰めるだけでなく、型取りをして金属をかぶせる治療が必要になるケースもあります。

  4. 歯髄炎・根尖性歯周炎

    「歯髄炎・根尖性歯周炎」は、象牙質う蝕が進行し、虫歯が神経まで達してしまった場合に起こる症状です。炎症により、かなりの激痛を伴い、根の先に膿の膨らみがある場合があります。
    ここまで虫歯が進行してしまったら、神経を除去しなくてはなりません。その後、複数回に分けて歯の根っこの中の細菌や炎症を取り除いていきます。

  5. 残根

    「残根」とは、虫歯や外傷が原因で歯茎から出ている上の部分が全てなくなり、歯茎の下にある根っこだけが残っている状態で、すでに神経がないため痛みもありません。噛むことができないため、土台を立てて、その上に被せ物を被せたり、蓋だけして、そのまま根っこだけを残したりするケースもあります。

虫歯の治療法

  • CR充填

    虫歯で削った部分や歯が少し欠けた部分を、白い樹脂製のレジンで補う治療法です。患者様の歯の色に合わせ、削った部分が分からないように詰めて、綺麗に形成します。
    一回の治療で終わり、治療後すぐに飲食も可能です。しかし、あまりにも大きな虫歯の場合には、CR充填ができないケースもあります。

  • インレー

    虫歯を除去し形を整えた部分を型取りして行う詰め物です。保険適用では基本的に金属ですが、保険外診療になるとセラミックやジルコニアなど歯に馴染むような白い詰め物も可能です。
    虫歯が中程度の大きさで、CR充填では強度を保つことが難しい場合に使用されるケースが多いです。

  • クラウン

    根っこの治療後、土台を立てて、歯全体を覆う被せ物のことです。
    保険適用では基本的に金属のクラウンですが、保険外診療ではセラミックやジルコニアなどの白いクラウンも選択可能です。

根管治療

虫歯が神経まで到達してしまった場合に、神経を取り除いた後、虫歯によって感染してしまった根っこの中の細菌や不純物を取り除く治療を「根管治療」と言います。

根管治療は一回で終わりではなく、回数を分けて慎重に根っこの中を綺麗にしていきます。根気のいる治療となるため、途中で通院をやめてしまう方もいらっしゃいますが、根っこの中を完全に綺麗にしてから土台を立てて被せ物をしないと、再度痛みが出てきてしまったり、最悪の場合、根っこを残せなくなることで抜歯が必要になったりするケースもあるので、治療が終わるまでしっかり通院しましょう。

根管治療の手順 ENDODONTICS

  1. REMOVAL 虫歯の除去

    虫歯を取り残してしまうと、残っている歯質が虫歯になってしまうので、慎重に虫歯を除去していきます。
    根管治療を行うケースでは、虫歯はかなり進行しているため、何もしなくても痛みが出ていたり、削る際に痛みが出ることがあるので、麻酔を使用します。

  2. PULPECTOMY 抜髄

    虫歯を削って神経まで到達したら「抜髄」という、神経を取る処置を行います。虫歯によって、細菌が神経まで到達しているため、痛みをなくすために神経を除去していきます。
    神経を取ってしまっても、根管治療終了後には、神経の入っていた場所には神経の代わりとなる専用の薬剤を詰めるのでご安心ください。

  3. CLEANING 根管洗浄

    虫歯によって細菌感染してしまった根っこの中を綺麗に洗浄していきます。この工程は根っこの中に細菌や不純物を取り残さないようにするため、より慎重かつ丁寧に行なわれ、個人差はありますが複数回かかります。
    根管洗浄を疎かにしてしまうと、後に痛みが再発したり、根っこの保存が不可能になったりするので、根気強く通院してください。

  4. FILLING 根充

    根管洗浄が終わり、根っこの中が無菌状態で清潔な状態となったら、元々神経が入っていた場所に専用の薬剤を詰めていきます。この工程により空洞になっていた部分が埋まるため、再び細菌感染するリスクを下げる効果が期待できます。

  5. CROWN CREATED 形成を行い完了

    根管治療が終了したら、土台を立てるための形成を行います。その後、型取りを行いかぶせ物を製作します。高さや噛み合わせを調整し、噛む際の違和感がなくなれば完了です。

汐入駅前歯科の虫歯治療の特徴

電動麻酔器による
痛みの少ない治療

当院ではできる限り患者様へ痛みを与えないような治療を心がけております。麻酔をする際には、シリジェットという表面麻酔をして、麻酔の針が刺さる痛みを和らげます。シリジェットは高い麻酔効果があり、その後の麻酔も針が刺さったことに気づかない患者様もいらっしゃるほどです。
麻酔には、電動麻酔器を使用しています。麻酔薬を注入する速さをコントロールして痛みや不快感をできる限り与えないように慎重な麻酔を行なっています。麻酔や痛いのが苦手という方でも、安心して歯科治療を受けて頂けます。

歯科用レーザーを用いた
出来るだけ削らない治療

虫歯治療は通常、タービンという機械を使用し、キーンという大きな音を出しながら削っていきます。
しかし当院では、歯科用のレーザーを使用することで、患者様の大切な歯を削りすぎることなく、響く感じや痛みもほとんどありません。
さらにマイクロスコープを併用することで、より確実・安全に虫歯の部分だけを削ることができ、精密な治療が可能となります。

CONTACT

アクセス タップで電話する 公式LINEアカウント 24時間ネット予約・お問い合わせ