医院ブログ BLOG

Experts in each specialized field cooperate and collaborate.
We will provide you with the best treatment.

インビザラインのしくみ、矯正の流れ、注意事項

 

 

 

こんにちは、医療法人社団SED汐入駅前歯科の管理栄養士の小山です。

今回はインビザラインというマウスピース矯正についてご紹介致します。
私自身、現在インビザラインにて矯正を行っており、家族や医院のスタッ

フから「歯並びとても良くなったね!」と嬉しい声掛けを頂いております。

*インビザラインのしくみ*
インビザラインは透明なマウスピースを1週間~2週間のペースで新しい物に交換していくことで、理想の歯並びに近づけていく矯正方法です。
歯の表面に白いアタッチメントを付けることで、マウスピース矯正のなかでも幅広い症例に対応しています。
3Dの光学スキャンで、型取りをすることなく矯正のシュミレーションができます。

*矯正の流れ*
①無料相談
当院ではインビザラインの無料相談を行っております。お口の中を光学3Dスキャンすることで、矯正のシュミレーションが行えます。

➁ドクターによる検査、診断
ドクターによる検査と診断で患者様の歯の状態を正確に把握

し、インビザラインでの矯正治療が行えるかを確認します。

むし歯や歯周病がある場合は、全ての治療が終わってから矯正を行います。

 

③治療計画・準備
インビザラインを始めていくことが決定したら、改めて光学スキャンでお口の中の形をとります。
これを米国のアライン・テクノロジー社に送り、治療計画を立てていきます。

④矯正治療・経過観察 スキャンをしてから1~2か月くらいで治療計画と実際のマウスピースが出来上がります。

マウスピースは複数枚お渡しいたしますので、経過観察のための通院は数か月に一回程度です。
マウスピースを1~2週間に1枚ずつ交換することで、少しずつ歯を動かしていきます。

⑤保定
マウスピースで歯を動かし終わった後は、リテーナーと呼ばれる保定装置で歯の後戻りを防ぎます。

 

リテーナーも矯正中のものと似た透明のマウスピースなので、目立ちにくく安心してご使用いただけます。

*注意事項*
〇1日20時間の装着時間を守りましょう。装着時間が少ないとシュミレーション通りに歯が動かなかったり、矯正が完了するまでの時間が長くなってしまうことがあります。

〇虫歯がある場合は治療が優先になります。虫歯治療をして歯の形が変わると、マウスピースの作り直しが必要になる場合があります。

〇治療できないケースもあります。当院では歯を抜かないマウスピース矯正を行っておりますが、お口の中の状況によ

っては治療が難しい事があります。

〇お食事の際にはマウスピースを外して頂きます。また食後マウスピースを装着する前には、歯を磨いてからの装着をお願い致します。歯を磨かなかったり、マウスピースを付けたまま甘いジュースなどを飲むと、虫歯の原因になります。水やお茶はマウスピースを付けたままでもお召し上がりいただけます。

当院ではご相談からシュミレーションまでを無料で行っております。
歯並びでお悩みの方、矯正についてもっと詳しく知りたい方は、まずはお気軽にご相談ください!

CONTACT

アクセス タップで電話する 公式LINEアカウント 24時間ネット予約・お問い合わせ